■ホーム > 沿革

食卓の笑顔をつくり続けて1世紀以上。

まだふりかけも栄養補給の色合いが強かった大正初期に、地元広島で軍向けに作られたふりかけを「旅行の友」として一般向けに発売しました。当時は旅行に行くのにも食べ物があまりなく、白いご飯に梅干を入れて食べていましたが、旅行に行く人に少しでもご飯を美味しく食べてもらいたいという気持ちから作られ、発売されました。その後も調味料のお醤油の味を変えてみたり、夏場に肉体労働をする人のためにお塩の量をふやしてみたり、一年中食べれるような努力と試行錯誤をくりかえしながら、 時代とともに歩んできました。もともとは保存食として作られたふりかけも広く一般の家庭に浸透して、こんにちまで食卓の名脇役として愛され続けています。
ふりかけ追想写真館
沿 革
1901(明治34)年 呉市で味噌・漬物・瓶・缶詰の製造、販売
1916(大正 5)年 呉海軍御用達 海軍需要部納入
ふりかけ「旅行の友」発売
誕生当時はスチール製の筒型の缶でしたが、昭和29年に誕生した色鮮やかなパッケージは、これからも変わらず食卓に美味しさをお届けします。
1928(昭和 3)年 広島漬物製造株式会社として法人化
1945(昭和20)年 原爆被災により工場焼失
1951(昭和26)年 田中食品株式会社へ社名変更
1963(昭和38)年 2月 大阪営業所開設 営業開始
4月 名古屋営業所開設 営業開始
6月 東京営業所開設 営業開始
8月 福岡営業所開設 営業開始
1965(昭和40)年 全国衛生優良施設工場として厚生大臣賞受賞
1973(昭和48)年 広島市西区に本社ビルを竣工
1975(昭和50)年 日本で最初にミニパックシリーズを発売
当時食べやすい量と、携帯用であることで大好評!!近年、再びお弁当が注目され始め、それとともにミニパックシリーズも好評いただいております!
1979(昭和54)年 東広島市吉行工業団地に東広島工場を新設
1989(平成 元)年 株式会社サンリオとのライセンス契約
キャラクター物に着手。けろけろけろっぴやハローキティなど、爆発的な人気を誇る。新キャラも続々登場。
1995(平成 7)年 広島工場を新設
2004(平成16)年 広島工場が本格稼動
廿日市市の佐伯工業団地内に約14000m2の敷地面積を持つ広島工場。さらなる発展と、今後多様化していく消費者ニーズに応えるために新設。
2008(平成20)年 旅行の友(復刻版)、戦艦大和ふりかけを発売
2010(平成22)年 「旅行の友」が「ザ・広島ブランド」認定
「ザ・広島ブランド」とは、広島ならではの優れた特産品を広島市が認定。全国に向けてPRし、消費拡大を図ること、そして広島の地域経済の活性化を目的として制定されました。
2011(平成23)年 創業110周年。広島工場増設
2012(平成24)年 食品衛生優良施設 厚生労働大臣賞受賞
田中茂樹【広島の社長tv】
田中食品からのお知らせ
田中食品の商品情報と新商品のお知らせ